[理事長からのキラキラ物語・・ ] 区長さんにご挨拶
2017 / 03 / 21 ( Tue )
今日は男女共同参画委員会の年次報告で区長と委員会メンバーとで、ワークライフバランスや政策・方針決定過程への女性の参画拡大など・・ それぞれの職場での状況を交えて意見交換しました。
wlb.jpg

職場で相手の状況に添おうと質問すると聞き方の問題で差別になってしまったり。
職員を大切にする為、ワークライフバランスを進める提案をするとベテランさんは職人気質で今までのやり方を否定された様に捉えられ
プライドを傷付けらたと巻き返しが起こり、感情で抵抗される。
パイを増やす事に繋がるのをどうやって職員に理解して貰い意識を変えるか?
職場でも女子中学生と同様のLINEの中で悪口が広がり虐めのストップが利かない。

皆、似た様なことろで苦しみつつも前身しようと改善策を考え実践をし続けているのだと思いました。

そして、大竹からは、16年前、協創とか協働とか、区のお膳立てが無かった時に生活者視点で子育て施策について働き掛けた事を切っ掛けに足掛け三年掛りで立ち上げた子育てホームサポート事業において、
その後、職員は異動になり制度上の不整合が大きくなって来たので、区長を初め所管との話し合いを重ね、新年度4月から見直しをして頂く事になったお礼を言わせて頂きました。

67万人を治める長として懸案事項は想像を遥かに超える物があると思いますが、私が少し話しかかると「あー、あのコーディネータの〇〇・・」と直ぐ思い出されました。
膨大な事案の一つ一つを丁寧に考えて いる事が感じられ、区長には本当に頭が下がります



19 : 53 : 07 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
[理事長からのキラキラ物語・・ ]  徘徊模擬訓練 
2017 / 03 / 18 ( Sat )
絆のあんしんネットワークの会員として孤立ゼロプロジェクトの一環で包括支援センターさの にて認知症お婆ちゃま役を務めて来ました。
徘徊2 徘徊4
徘徊3 徘徊

お婆ちゃま役をする事で気付いた事

 「分んなくなっちゃったの?」は子ども扱いで自尊心傷付く  「疲れましたね?」とか「お腹すいて無いですか?」とか「チョッと休みましょうか?」の様な友達感覚の言葉の方が安心
 そっと手を触れて「こんなに(手が)冷たくなっちゃって」と言われると嬉しい
 「警察に連絡しましょう」は、何だか大事件を起こしちゃったみたいで怖い  「お巡りさんor交番に相談しましょうか?」の方が安心

 ・・あくまでも大竹の感性による物です。

綾瀬警察や区の地域包括ケアシステム推進担当課や絆づくり担当課の職員、民生委員さん等が大勢お越し下さり、役者側も沢山の学びが有りました。
ぷらちな でも一時、行方不明になってしまった高齢者がおりましたが、地域の皆様のご協力で少しでも早く安全に帰宅できる様、この学びが生かされたら嬉しいです
18 : 37 : 19 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
[理事長からのキラキラ物語....]  主任ケアマネ連絡会の役員達と
2017 / 03 / 17 ( Fri )
主任ケアマネ連絡会の役員たちと大変お世話になった区職員のお疲れ様会。
区は20年も前から プラチナマーケットプランで、現在ぷらちなが妄想しながら取り組んでいる包括的な計画をしていたとは・・ どんな立場にあっても社会を思い、その実現化に向けての行動は永遠だ
主CM慰労会 プラチナ
23 : 53 : 21 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
[理事長からのキラキラ物語・・ ] キラキラ島へ
2017 / 03 / 15 ( Wed )
10年ひと昔。その又もっと、もっと昔・・ 

大海に溺れ、苦しくて苦しくて何とか板切れにしがみ付きながら全力で遠くに見えるキラキラ島へ何としても、そこまで辿りつこうと泳ぎ続けていた。
良く見ると周囲にも同じ様に苦しみながら泳ぐ人が何人もいる。

何度も溺れそうになりつつも「助けて下さい」という言葉に続き「一緒にキラキラ島へ行きたい」という人達が、お互いにしがみ付いている板切れを命がけで合わせてイカダにする。

イカダに乗って一安心。と思うも束の間。
度々大きな波に飲み込まれそうになったり、大嵐に合いつつもイカダに必死で泳ぎ着く人達が増える。
それぞれが、「オールを漕ぐ名人」と言ったり、「魚釣りの名人」と言ったり、干物づくりの名人、船の修理名人等も乗り込み、少しづつ船は大きくなり、当初見つけたキラキラ島に向かい、キラキラ島の話をしている事で心の力が膨らみ皆が力を合わせ懸命に進む。

一緒にキラキラ島を目指す事で苦しむ人達が「少しでも救われるのなら」という気持ちで船は大きくなり、
船が大きくなれば安定してキラキラ島へも行き易くなり、多くの人が幸せになれるのでは無いかと思いつつ、いつの間にか、200名以上が様々な得意を活かしながら進む大型船となっている。

その重圧に「船頭を誰かに」と頼んでも「キラキラ島にシッカリと向かい、キラキラ島の話をワクワク話す人が船頭をすべき」と度々船員達から叱咤激励を受けるが、
陳腐化した10年以上も昔の技術や志を推し進め、船を進める気は全く無い。そもそも船頭になりたかった訳では無い。

船頭として心のぶれが大きくなりキラキラ島への進路に悩む事が有っても、船員達は、チームごとにオールの漕ぎ方、魚の取り方を話し合いながら意識を合わせてチームの中での役割ごとに力を発揮して進み続ける。

その内、大きな船に乗る事を目的に近寄って来る人達に目的地の意識合わせも無く「漕ぎ係や魚取り係として船に乗って貰えれば良い」という話が聞こえる。
それぞれのチームから、「遠くに見えるキラキラ島へ行かなくても船の近くにいるイワシの大群をとりながらまったりしたい」という声も聞こえてくる。
その中には遠洋のマグロ漁が良いという声も聞こえる。

「この船が大好きなんです」と言いつつ、それはキラキラ島へ向かう船では無く、大型船になって色んな船員と何処でどんな漁をするかの話をしているのが楽しくて大好きと言っている様だ。
漕ぐ手を止めで、近くのイワシを取ろうと船から身を乗り出す人も出て船は失速し、横揺れが起る。
皆が進む方向を合わせ、油断する事無く船をこぎ続けてこそ、その推進力で安定して前進して来た様に思う。

この船はもはやピタゴラスイッチが大好きで、事の展開が見え易いニュートン力学でキラキラ島に進もうという船頭では無く、
ITとかAIとか、何がどんな風に作用しているのか分かり難い新たな力で動く技術を搭載して動き出して来た様だ。
有る意味、船員の皆が、新たな手法によって自立して来ているという事なのかも知れない。

近年、複雑で見え難くなった操作技術に翻弄され目指すキラキラ島も見え難くなり、何より船員たちは何処へ進もうとしているのか見えない。
そろそろ船頭としてでは無く、純粋にキラキラ島へ進む為の想像力を全開に伸びやかにキラキラ島へ行く事に焦点を当てる時間を増やせるかなぁ。


23 : 20 : 59 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
[理事長からのキラキラ物語....]  職員の慰安旅行に行って来ました(^^)/
2017 / 03 / 11 ( Sat )
今回は、日帰りの はとバスさんにお願いしましたが、とっても好評で皆から また、 はとバスにしてと何回も言われました
築地で美味しい物ゲット!帝国ホテルのコースランチ そしてスカイツリー と楽しさてんこ盛りでしたが、早めに終わったので綾瀬で2次会!
沢山お話しをしたにも関わらず帰り際に「もっと、もっと話したい!」と言って貰って・・ 

本当に楽しい時間を過ごさせて頂き、はとバスの皆様、今日も現場を支えてくれている職員の皆様、そして今日の旅行を快く送り出して下さったご家族の皆様、有難うございました
旅行バス旅行バス1旅行築地旅行teikoku定刻ランチ旅行

21 : 29 : 11 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>