[理事長からのキラキラ物語....] 自分の思考を開示する
2017 / 02 / 16 ( Thu )
先週末におこなった「ゆる育」フューチャーセッションパート5にて議論の場で「〇〇は言ってはいけない等のタブーはいけない」という様な意見に「確かに」と強く思う。
相手や周囲にどう思われるか?より自分の思考の開示をしてこそ、一緒に現状把握と課題解決をする事が出来るのでは無いかと日々思っています。

そんな中、今日、足立区男女参画委員会において検討中の年次報告書では 「 ・・すべての人の人権が保障され、誰もが自らの価値で生き方を選択し・・ 」と唱えているのにポジティブアクションとして「審議会等では強制的に女性を増やす仕組みが必要」というのは3歩後ろを歩きたい女性の人権が侵害される事にならないか?
本人の希望と能力に応じて活躍の機会が得られる様に制度上の障壁は取り除くべきという意味に焦点を当てて欲しい旨、お話ししましたが、広く社会で活躍されている女性が多いメンバーを敵に回す様な発言だったかなぁ。

そして「男性も決して積極的に前に出たい人ばかりで無く、そうせざるを得ない状況の中で社会に出ている」という意見に「確かに」と強く思いつつ、異論も含めて思う事はキチンと言葉で伝えてこそ、相手を尊重する事、人権を一緒に考えて行く事なのだと思います

                                 

恒例の【七輪の日】本文とは関係ありません。 
七輪

ワークライフバランス認定企業として業務効率と時間管理のスキルを高め、より良い組織になる様に足立区のご協力により中小企業診断士の先生から学びました。 
中小企業診断士
23 : 59 : 50 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<【急募】訪問介護ヘルパー | ホーム | [理事長からのキラキラ物語....] 科学の実験>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/907-46d7f027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |