[理事長からのキラキラ物語・・] 自分に甘く他人に厳しく
2015 / 07 / 03 ( Fri )
私の大事な仕事の一つに内部監査が有ります。

それは組織として間違えが無いかを確認し、もし間違えが有れば一緒に修正して行こう!という仲間を大切にする仕組みと思っていますが、「他人のミスを指摘」する部分に多くの人は意識を置く為、ミスや誤解を与える様な言動が沢山ある私としては、自分の事は棚に上げて偉そうな事を言わなくてはならないという意識切り替えに多くのエネルギーを使います。

つい先日も私の勘違いから夜、経営層に動揺を与える様なメールお送ってしまい朝、私の勘違いだった事に気付き一晩大騒ぎをしてしまったという大間違えを起しています。

だからと言って、職員の業務処理に違和感を持った時、見逃す訳には行きません。
実は今日も、そんな出来事が有りました。

小さな気付きの段階で、担当職員に業務の仕方の質問し、説明が分かり難かったので、合理性の根拠を確認し易い様に文書化する事を指示しましたが、組織としての諸々の状況理解に差がある人達の中で私が指摘した事柄の意味以上に周囲は反発の空気が蔓延した為、前述の様なミスをする自己肯定感の低い私が他人のミスはスルーしてやれ」 と頭の中で私に指示を与えてしまいそうになりました。

しかし、過去に小さな違和感に片目をつむった為に、その後、大きな問題に発展した経験を忘れてはいけないと戒めてくれる使命感に燃えた強い自分もいました。

もし組織の最終責任者として腰砕けになって大竹もミスをするのだからと職員の対応を見逃してしまったら、間違いを犯しているか否かを超え「組織の悪意」に変わって行ってしまうと感じています。

日々懸命に働く職員やその家族の皆が辛い思いをし無い様に、そんな職員を頼りにしている利用者の安心を守る事が出来る様に、意識を切り替えて自己肯定感を高め強い意志を持ち、職員に嫌われる事を恐れず遠慮なく業務内容を確認し万一、間違えが発覚した時には一緒に改善して行ける組織である為に内部監査機能を高めて行かなくてはと思います。

自分に甘く他人には厳しく ・・という多くの人から非難される様な考えを貫く勇気を持つという事なのかも知れません。
23 : 56 : 48 | 理事長からのキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<児童デイ通信7月号 | ホーム | 救急救命>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/674-ec0f371c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |