[理事長からのキラキラ物語・・] 緩やかな人の関りを大切にする為に
2014 / 10 / 29 ( Wed )
通常業務に加え入職希望者の面接対応に追われています。
面接者の一人から「何故、社福法人ではなくNPO法人にしたのか?」との質問を受けました。

元々こんなに大きな組織で事業をしようとは考えておらず、かつてボランティアでやっていた地域活動に社会的意味を高める考えで「ゆるく繋がる地域活動に法人格を持たせよう」というレベルの発想だったのと、当時、NPO法が出来たばかりで法の趣旨にも合致したのでNPO法人としました。

「生活者視点で社会の課題解決を」と訴えながらも多くのエネルギーをぷらちなくらぶ内部の課題解決に消耗していましたが、いつの間にか皆の力により大きな組織となってしまいました

途中、会社法改正に絡み株式会社化やスケールメリットを生かして社福法人化、またホールディングスとするか?と大きな話も出ていますが・・。

先日、会計顧問に「会計上は申し分の無い状態にあるけれども組織としてピリッとさせる必要が有りますね」と。
いつも、やんわりと痛い所を突いてきます。

それはルールの徹底 

組織が大きくなればなる程、とても大切な事で、ぷらちなくらぶでは何回も「車も人もいない赤信号を渡る事は良いのか?」 等、地域福祉に携わる者としてルールについて考える機会を持って来ましたが、それでもルール破りが発生します 

「いたずら書きやゴミが散乱している地域には犯罪が起こり易い」という理論と同様、
ルールを破った人の問題以上に「ルール破りが起こり易い環境」という事なのでしょう  
 
組織のトップである私の中に「マニュアル形で管理するより、どうすべきかの意味で判断したい」という気持ちが、規律意識を崩しているのでしょうか?

地域活動的NPO法人として “現場の声を大切に”と「民主的に動くという組織レベルでは無くなった」と言われ無い様にする為にも
緩やかな人の関りを大切に出来る社会の為にも、状況に応じ自分で判断する思考の自由を確保する為にも、自律的にルールを遵守して行きたい と思います。
    
06 : 09 : 23 | 理事長からのキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<親子カフェの作り方講座開催 | ホーム | [理事長からのキラキラ物語・・] ゆる育児フォーラム >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/606-e10f96ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |