[理事長からのキラキラ物語・・]思い(心)を満たす・・・行方不明
2012 / 10 / 29 ( Mon )
「スマイルぷらちな」から認知症が有るA様が一人で出掛けてしまい行方不明となってしまいました。
それは一週間前タートルマラソン報告を織り交ぜての責任者会議を行なおうとしていた月曜朝の出来事です。

会議をストップして、スマイルの関係者は勿論、他事業の職員が探しに回りましたが、何より包括支援センターや一般の方々にご協力を頂きましたお陰で6時間程で無事保護されました。

ご不安を掛けてしまいましたご家族を始め、ご協力を頂きました多くの皆様にご迷惑とご心配をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます。

今回、一人で外出してしまったA様は、同居の配偶者(主介護者)が、今月上旬の夜中に病院へ緊急搬送となり自宅で一人となってしまう為、急遽、宿直職員が自宅へ迎えに行って泊りの受入れをする事になった方です。
A様は度々、「お母さん(既に亡くなっている)とご飯つくらなくちゃ」等と言いながら数百kmも離れた生まれ故郷での生活を探しに外出する方です。

スマイルでは玄関の施錠はしない事や本人の外出願望に応じて極力一緒に出かける自由を尊重する方針でいましたが、今回“行方不明”という事態が発生すると、スマイルの考え方に異論を呈する人の「玄関は施錠すべき、外出癖が出来るから外に出すべきでは無い」と制限を唱える顔が思考の中にチラついてしまいます。

が、私が遣りたいのはA様の心の中に存在する故郷への思いを初め様々な思い(心)を満たす事です。
それは私の独りよがりなのでしょうか?

その為に現場職員は一層の神経を使ってくれています。
A様が得意な家事を一緒にやったり他の利用者のケアも手伝って貰ったり・・A様の心が満たされる役割を考え ながら、自由を尊重する(尊厳を守る・・と言うと大袈裟?)為に制限は出来るだけ掛けない様に何をすべきか日々試行錯誤です。

その日“無事保護”の連絡を受け警察での再会で私が「一人にしてごめんね。疲れたでしょ?」と言うとA様は他人事の様に「まぁそう?大変だったねぇ」と先に警察へ迎えに行った事務局K氏がA様に差し入れたペットボトルを「飲みなさい」と私に差し出されました・・スマイル(笑顔)が戻る瞬間でした。

本当に本当に、多くの皆様のご協力に感謝します。

・・・という訳で、色んな人から「ブログ更新して無いね」と指摘されてしまいましたがup出来ないでいたのは、こういう事が有ったからです。

他にも連日、悩みや苦しみが発生しブログを通じて「多くの人と共有し解決のヒントを得たい」と思う事は沢山あるのですが・・。
08 : 17 : 45 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ぷらちな児童デイ」児童デイ通信10月号 | ホーム | [理事長からのキラキラ物語・・] 伝えたいのは「目標の力」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/374-3a68f44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |