[理事長からのキラキラ物語・・]ワーク・ライフ・バランスを考えるライフワーク
2012 / 07 / 03 ( Tue )
土曜は朝一から子ども家庭支援センターで子育て定例会でした。数々の興味深い報告の中で特に印象に残っているのは上沼田サロンリーダーから「ぷらちなくらぶは優秀なNPOですね。とNPOセンターの人に言われました」と嬉しそうに話してくれた事です。
上沼田サロンは、この4月からぷらちなくらぶが区の委託を受ける事となりましたが、以前は殆ど利用者が無かった様です。
受託をした以上は「価値を高めよう」と使命感に燃え、リーダーとスタッフは着任早々から課題意識を持って飾り付けを変え、チラシ配布に奔走し・・と様々な取り組みをして、受託2ヶ月足らずの5月の報告では日に日に10名20名と利用者が徐々に増えて来た報告をしてくれたリーダーさんです。
こうした職員の気概が感じられる行動にお褒めの言葉を頂いた と思うと、こんなに嬉しい事は有りません

これまでぷらちなくらぶは道の無い所も獣道を作り砂利を敷き舗装をして・・と子育てサポート事業をゼロベースから作り上げたり、初の民間委託となった西保木間サロンの開所もしたり、関原サロンの立ち上げと初の親子サロン内で有償のカルチャー教室を行う為に複数のボランティア団体から話を伺い、意味付けをして区に対してプレゼンし・・という今までのぷらちなの心意気の過程を彷彿とさせる報告を聞きながら後ろ髪を引かれる思いで子育て定例会を途中で抜けて10時半にスマイルに移動し介護の定例会へ

介護定例会はヘルパーさん自身が介護予防について意見を出したり救急救命や特殊な移乗介助などの実践をしながら体を張った勉強でした。
昼は人権意識高く子育て、DV、介護・芸術の分野でそれぞれ活躍されている3名の方と食事しながらコラボの話をし、13時半からはスマイル定例会で個別ケースの検討等をし終了するなり利用者宅へ訪問し、スイカ割り大会をやり、新規相談者の対応・・・と盛り沢山で、金曜に区長との差しで話した事や東レの佐々木社長のキラキラ話と勝るとも劣らないドラマティックなエピソード満載の一日を夜遅くまで過ごしていると
「ワーク・ライフ・バランス認定法人の代表者として大竹さん自身が改めてくれないと」と内部から注意されました。が、私は労働者では有りませんので労働法上の束縛は無いばかりか、ワーク・ライフ・バランスを考えて運営する事も含め内発的動機で趣味的に動くライフワークですから

7/4写真追加しました
s認定企業集合写真

00 : 05 : 40 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[ケンケンの児童デイ立ち上げ奮闘記] 助成金獲得強化週間!? | ホーム | スマイルぷらちな「すいか割り」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/326-88f3a437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |