[理事長からのキラキラ物語・・・ ] 主任CM研修の副産物
2011 / 12 / 05 ( Mon )
会報誌49号に続き、又々主任ケアマネ研修の話ですが、
会場は300人程の受講生で一杯の大講堂。
一昨日の土曜は最前列で講師の真ん前に座りました。

其の日の講師は以前の講義の際、度々会場の受講生に対して
「何か反応してよ。こっちは立ちっ放しで5時間話すんだから」
と言われましたので私は
「講師に対し賛否の表情が伝わる席にしよう」
と私なりの努力です。


案の定、講師は途中、何度も「どう思います?」等と
受講生に反応を探ります。

私が「意見有るぞ」との表情で聞いていると何度か
意見を求められ発言しました。


、流石の私も300人程の受講生の居る中で、
時間制約のある講座の流れを変える訳には行かないので
1・2歳児の2語文程度の意見しか言え無かった事もあり、
私の発言に対し講師の反応は単純に同意して貰えず打消される事もあり
「なんだ自分の都合の良い話しか拾わないじゃん!」と
フラストレーションになる事も発生しました。



こういう事は、実はぷらちなくらぶの180人程の職員にも
発生しているだろうと感じています。



定例会、事業別会議、責任者会議等では目安として時間制限をしていますが、
建設的な意見が押した時には会場を変えてでも対応しますので
出来るだけ意見を出し切りましょう。

また、個別面談も毎月15日を目安にしていますが、悶々とした物が溜まる前に
 info@platina-club.org または大竹個人メアドを知ってる人は其方へ一旦
「個別面談希望」とタイトルを入れて連絡下さい。
トコトン話し合いたいと思っています。


私にも時間制約の有る重要な業務が溜まっていますので、
時間を掛けられ無い事も多く有りますが、
「有るべき姿」の為にどうすべきかの合議を重ねて動く
NPOで有る事を副産物的に再確認した講義となりました。
10 : 55 : 17 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[ぷらちなぱーく]ママプロジェクト第1回企画会議☆ | ホーム | [新田キッズルーム] お絵かき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/187-1641ef1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |