[理事長のキラキラ物語…]嬉しい出戻り希望
2011 / 10 / 24 ( Mon )
2年前に退職をしたOさんがスマイルへ見学に来ました。

ぷらちなに就職する前、施設勤務をしていた経験から、
「こういう家庭的なのが本当なんだよね。気持ちが落ち着く」。


彼女は、ぷらちなを退職した後、大病発覚、
手術をして人生観が全く変わったとの事。

そして今年、地元の訪問介護事業所に再就職したとの事。



「大竹さんに文書処理や仕事の考え方を厳しく叩き込まれたよね。
毎月の定例会で研修する事、現場を知る事、
移乗介助の新たな手法を仕入れては研究したり、
コミュニケーション研修のIさん覚えててくれてるかなぁ。
遅くまで事務所にいる職員には「6時には帰って欲しい」とか言ってたよね・・。
大病をして他社の訪問介護に行って、ぷらちなの良さが本当に良く分かる様になったのよ」と、
嬉しい話を熱く沢山してくれました。


大竹が
ぷらちなを辞めた人によくそんな風に言われるけど、今居る職員に教えてあげて」と言うと、
「復職できる?」とOさん。

大竹「出戻り希望?本気?」

Oさん「本気!いつから大丈夫?今の会社にも言わないといけないし」

大竹「綾瀬まで通える?ぷらちなは貧乏だよ。それに本気バトル有るよ!」

Oさん「前だって通勤してたし。今の会社の方が○○だし。今の会社は誰も堂々と話さなくて嫌なのよ」と・・



是までにも一度退職された人がぷらちなに復職を希望される事が有りますが、
今居る職員が100%受入れてくれるかが重要。

私はOさんのキラキラを受入れたいですが、こういうノリで
出戻り希望を受入れても良いかなぁ
皆どう思う
13 : 46 : 00 | □旧)理事長のキラキラ物語 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<NPOユニバーシティ ぷらちなカレッジ綾瀬 | ホーム | [ぷらちなぱーく]ハロウィン祭☆>>
コメント
--もちろんOKですよ。--

ぷらちなは出戻りも新妻も、何にも関係なく、障害のある人もない人も、子どもや高齢の方も自然に共生できる地域づくりに興味や関心をもち、福祉に関わる人としての自覚と思いがあれば、他に何も要りません。Oさん、覚えてますよ。次回の定例会に参加してみませんか。
by: I です。 * 2011/10/26 10:29 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://platinaclub.blog76.fc2.com/tb.php/153-02d1ee24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |