重心療育ルーム、現在人員確保苦戦中・・・
2013 / 08 / 31 ( Sat )
暑さがまたぶり返し、まだ夏が追いかけてきますね。
重心療育ルーム設置準備の責任者の長尾です。

重症心身障がい児の施設認可には、有資格者確保が第一ですが、
正看護師・児童支援発達管理責任者の確保に苦戦しています・・・。

正看護師さん・・・勤務時間が9~16時短いですし、夜勤もありません。
         子育てとお仕事両立させたい方、
         夜勤がつらく、働き方を変えたい方
         定年を迎えたベテランさん
         小児看護が好きな方 など

長期入院から地域で生活していく重症心身障がい児、医療ケアが必要な子供のために、
その経験を活かして、一緒に働いてほしいです

9月2日(月曜日)はナースバンク東京の主催するミニ就業相談に参加します。
飯田橋の会場に13:30~15:00まで
私がおります!施設の詳しい概要や、お話を直に聞きたい方、
ぜひお越しください。詳しい場所は下記にアクセスして下さいね。
https://www.np-tokyo.jp/
児童支援発達管理責任者さんも引き続き募集しています。
よろしくお願いします!


「重症心身障がい児
というと
わからないですよね・・・
身体にも知的にも重複した遅れや、障がいがある子供のことです。
医療ケアが必要なお子さんも含まれます。

私自身、自分の子供が重症心身障がい児にあたるんだと
あらためて自覚したのは、
わずかな時間、日中ですら
預かってくれる施設がどこにもなかったからでした。

私にとっては
話せないこと
ご飯がお口から食べられないこと
胃ろうがあること
呼吸が下手なこと
おすわりが自力でできないこと
みんな含めてわが子で、子育てでした。
嘱託医や協力医療機関も探していて、医療関係者の方とお話ししますが、
障がいの程度を話すと、ひかれてしまします。
すごい技術や経験がないと診れない、リスクが高いことも理由で
「重症心身障がい児を専門に診ていないから・・・」と言われることも。
伝え方も問題があるのかな~
昨日のぷらちなカレッジでの伊集院さんのお話や
今日の定例会での片野先生のお話などでも
伝え方は大事ですね・・・私自身もわかるように伝えたい、伝えられるようになりたいです。
まだまだ勉強が必要です。
医師などは、気持ちで命は救えないと思うことも多い職業だからでしょうね・・・。
技術や経験ももちろん大事ですが、
わかろうとする気持ちをもってほしいです。

障がい児である前に子供です。小児です。
その子の障がいだけをみるのではなくて、
まず子供だと思ってみてほしいです。

それからの持病、医療ケア、急性期の対応ですよね。
諦めずに、医療機関をあたっております・・・。
きちんと伝えられるように、
講習で学んだことは活かします!

19 : 14 : 04 | ■事務局から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>